プレイヤーも摘発されそうになったドリームカジノ事件を解説

ドリームカジノ事件は、日本国内で初めて店舗を持たないネットカジノが摘発された事件で、日本のネットカジノプレイヤーに大きな衝撃を与えました。
摘発で顧客リストが警察に押収されプレイヤーの摘発も時間の問題かと思われましたが、結果的にプレイヤーの摘発は行われませんでした。

しかし、違法賭博に対する警察の本気度が垣間見える事件として、今でもネットカジノ関係者の間では語り草になっています。
ドリームカジノ事件ではプレイヤーは摘発されませんでしたが、今後も似たようなトラブルに巻き込まれる可能性あるので、この事件から教訓を学ぶべきでしょう。
ここでは、危うくプレイヤーも摘発されそうだったドリームカジノ事件を詳しく解説していくのでぜひ参考にしてください。

ドリームカジノ事件の概要

ドリームカジノ事件の概要

ドリームカジノ事件は、ネットカジノの拠点を日本国内に置いて運営していた関係者が警察によって摘発された事件です。
日本国内では海外拠点のネットカジノを遊ぶことは違法ではありませんが、国内でのネットカジノの運営は賭博法によって禁じられています。

しかしドリームカジノは完全に違法かというとそうでもなく、実は海外の合法国が発行したライセンスを所持しており、国際的には運営を認められた合法ネットカジノでした。
つまり問題だったのは、日本国内に拠点を置いていたということで、これにより摘発の対象となったのです。

ドリームカジノのウェブサイトでは、海外に拠点があると表記されており、プレイヤーは国内拠点で運営していることは知る由もなかったことから、プレイヤーの違法性は問われませんでした。
一部のプレイヤーは警察から連絡がありましたが、警告を受けただけに留まったそうです。

遊んでいいのは海外拠点のネットカジノだけ

ドリームカジノ事件を見ても分かるように、例えライセンスを所持しているネットカジノでも、日本国内で運営されているネットカジノは完全にアウトです。
どこを拠点にしているのかよく分からないような怪しいネットカジノは絶対に避けるべきで、特に最近出来たばかりで実績のないネットカジノも危ないでしょう。

しかし一介のプレイヤーがネットカジノの拠点など調べようがないのが現実で、公式ウェブサイトをチェックしてもドリームカジノのように偽っている可能性もあります。
やはり最大の安全対策は、日本でも名が通っているような大手ネットカジノで遊ぶことでしょう。
長期に渡る運営実績があるので、摘発されることはまずありません。

新規や小規模なネットカジノは避ける

新規や小規模なネットカジノは避ける

ネット検索すると分かりますが、ネットカジノの数はあまりにも多く、中でも名前も聞いたことがない小規模なものや、出来たばかりで実績のないものなどは特に避けるべきでしょう。
なかにはまだ実績がなくとも、合法で良心的な運営を行っているネットカジノもあるかもしれませんが、わざわざそれを確認するために登録するのはリスクが高すぎます。

プレイヤーを集めるために、魅力的な高額ボーナスを掲げている新規ネットカジノもありますが、ネットに評判が出回るまで待つのが賢明です。
いずれにしろ、遊べるゲームはどこのネットカジノも似たり寄ったりなのですから、安全性を最優先にして大手のネットカジノを選ぶのが無難でしょう。

日本人に傾倒し過ぎのネットカジノも危ない

日本でもネットカジノがレジャーのひとつとして認知されて市民権を得始めており、多くのネットカジノが、日本人が遊びやすいよう、日本語サービスに対応するなどの企業努力を続けています。
中には日本人専用のプロモーションやイベントを開催したり特別ボーナスを提供したりと、あの手この手で日本人プレイヤーの獲得に奔走しています。

しかし過去に起きたスマートライブ事件では、日本人のディーラーを使うなど日本人専用のサービスを提供したことで、警察に日本国内でギャンブルを行っていると判断されてプレイヤーが摘発されるケースもありました。

実はスマートライブも日本国内に拠点を置き、日本人のプレイヤー向けのイベントなどを積極的に開催していたのです。
サポートセンターの日本語対応などは問題ありませんが、日本人だけを集めてゲームを開催するなど、あまりに日本人に傾倒したネットカジノは避けるようにしましょう。

まとめ

まとめ

危うくプレイヤーも摘発されそうだったドリームカジノ事件を詳しく解説いたしましたが、有名事件の詳細が理解いただけましたか?

ドリームカジノ事件は、拠点を日本国内に置いて運営していたネットカジノ運営者が警察によって摘発された事件です。
ドリームカジノが拠点の所在地を海外と偽っていたことから、それを知らない立場にあったプレイヤーは摘発されず警告のみで済みました。
しかし少し事情が違っていれば、プレイヤーの大量摘発もあり得た事件です。

このようなトラブルに巻き込まれないための重要ポイントは、明らかに海外拠点のネットカジノを選ぶ、小規模や新規の実績のないネットカジノは避ける、あまりに日本人向けのサービスに傾倒したネットカジノは選ばないの3点です。
一番確実な対策は、長く運営を続け信頼性のある大手ネットカジノを選ぶことで、違法性に頭を悩ませることなくギャンブルを楽しむことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください