初心者・ベテランそれぞれに適した攻略法

初心者におすすめのマーチンゲール法

初心者にオススメ・マーチンゲール法

これからオンラインカジノを始めようとするならば、攻略法をしっかりと身に付けましょう。オススメは「マーチンゲール法」です。さっそく紹介しましょう。

マーチンゲール法の手法

「マーチンゲール法」は「勝率50パーセント・配当2倍ゲーム」で威力を発揮する攻略法です。選んだゲームで勝負をして「勝てばOK」ですが、負けた場合に「倍賭け」をしてください。これが「マーチンゲール法」の「ベットルール」です。大変シンプルなルールですから、ギャンブル初心者にオススメとなります。
ギャンブル攻略法として「ベッティングシステム」は重要です。「マーチンゲール法」は「ベッティングシステム」の一種であり、現在考案されているものの「ルーツ」とされています。そのため、ギャンブルを始めたばかりの初心者は、まず「マーチンゲール法」を使いこなしましょう。「ベッティングシステム」のメリットを十分に理解してください。

メリットとデメリット

マーチンゲール法のメリット

ギャンブル初心者が注意しなければならないのは、精神的に「熱く」なってしまうことです。直感に頼って「賭け」をしていたのでは、いつまでたっても「安定的な勝ち」をめざせません。ギャンブルには攻略法が大切です。そこで、「戦略的な賭けかた」を身に付けてください。この「戦略的な賭けかた」が「ベッティングシステム」となります。軍資金をマネージメントしながら、「トータルの勝ち」をめざすのです。意味を理解すれば、「マーチンゲール法」に取り組みやすいですね。しかも、「マーチンゲール法」は「ベットルール」が簡単ですから、初心者も理解しやすいのです。優れた「ベッティングシステム」であっても、複雑な手法では初心者に向きません。

マーチンゲール法のデメリット

「マーチンゲール法」はギャンブル攻略法の基本です。メリットがある一方、デメリットに注意しなければなりません。それは、「ベット額の高騰」です。勝負に連敗しても、「1回の勝ち」で負け分のすべてを取り戻せる「マーチンゲール法」ですが、「想定以上の負け」に弱いことを知ってください。極端な例かもしれませんが、「10連敗」を喫してしまうと、「1ドル」から始めても11戦目には1024ドルが必要です。運よく11戦目に勝利したとしましょう。ここで得られる利益は「最小単位の1ドル」となります。「マーチンゲール法」が「ハイリスク・ローリターン」な手法であることを理解できましたか?

実用的なマーチンゲール法

ギャンブルの初心者は、「マーチンゲール法」を何回か試行してください。すると、「メリット・デメリット」が見えてくるでしょう。ここに自分なりの「オリジナルルール」を加えれば、独自の「ベッティングシステム」を完成できます。ご自分の「軍資金」や「プレイスタイル」を考慮しましょう。守備力や攻撃力をアレンジすれば、実用的な「マーチンゲール法」の完成です。

モンテカルロ法

勝てる攻略法・モンテカルロ法

少ない「軍資金」で「勝ち」を目指すならば、「モンテカルロ法」がオススメです。概要を紹介しましょう。

モンテカルロ法の魅力

「軍資金」をマネージメントする手法が「ベッティングシステム」です。さまざまな攻略法が考案されました。なかでも「モンテカルロ法」は少ない「軍資金」で勝負ができます。そこに大きな魅力があるのではないでしょうか?負けが続いても「ベット額」が急激に高くなるようなことはありませんから、「ベットリミット」の問題をクリアできますよ。

モンテカルロ法のやりかた

少々複雑な部分がありますから詳細は割愛しますが、「数列」を利用するところに特徴があります。そして、計算をしながら「ベット額」を決定しますから、「メモとペン」を用意しなければなりません。リアルカジノで活用するのは難しいですね。オンラインカジノでの活用がオススメです。具体的に話を進めましょう。「1・2・3」の数列をメモしてください。「ベットルール」は両端の数字をプラスすることです。つまり1回目の「ベット額」は「1+3」で「4」になります。ここで勝ったならば、同じ計算を続けてください。「4」を賭け続けることになりますね。負けた場合には、数列を変更しましょう。ルールは数列の右端に先ほどの「ベット額」を加えることです。数列は「1・2・3・4」になります。両端の数字をプラスしてつぎの「ベット額」を導きますから、この場合では「1+4」で「5」となります。勝った場合には数列の両端を2つ消し込み、右端に先ほどのベット額を加えてください。負け続ければ数列が長くなり、勝てば数列が減っていきます。これを繰り返して、数列を構成する数字が消えたならば、「セッション」の終了です。

メモ

モンテカルロ法が活用できるゲーム

基本的には「3倍以上の配当ゲーム」での活用がセオリーです。「2倍配当ゲーム」でも活用可能ですが、「ワンセッション」終了しても「勝ち」とならないケースがあります。十分に理解しておきましょう。特にルーレットの(コラム・ダース)での活用が最適ですよ。

モンテカルロ法の弱点

優秀とされる「モンテカルロ法」ですが、弱点も存在します。数列が長くなると計算が複雑ですから、リアルカジノで実行するのは困難です。また、1回の「勝ち」で「負け分のすべて」を取り戻せる手法ではありませんから、最初に連敗が続くと「セッション」を終了させるのに「相当な時間」を費やしてしまいます。じっくりとカジノゲームを楽しむ心構えが必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です